ヘモグロビンa1cとは~糖尿病の予防と数値の改善~

Health

健康維持のために

最近検査で見かけるヘモグロビンa1c数値とは

健康診断を受けている方は最近、ヘモグロビンa1cという検査項目を見かけると思います。昔はあまり注目されていませんでしたが。空腹時血糖値ほのかに、近年、過去1〜2ヶ月間の血糖状態を表す指標として検査されるようになりました。ヘモグロビンa1cとは高血糖状態が続くと血液内の赤血球内のヘモグロビンというタンパクと糖がが結合して、できたグリコヘモグロビンできます。これは数種類存在しています。また、赤血球の寿命は120日と言われ、この間に、高血糖状態が続けば、このグリコヘモグロビンも多くなります。そのため、グリコヘモグロビンの割合を検査しています。ヘモグロビンa1cの検査で基準値以上であれば、ブドウ糖負荷試験という確定するための検査をするのが、一般的な流れです。

サプリで改善される方法を模索する

糖尿病は一度罹患すると、一生つきあわないといけない病気です。食事管理も大変で、薬も一生続けないといけません。できれば、かかりたくない病気とも言われています。日々の生活では発見しにくい病気で、自覚症状が出てからでは遅く、健康診断が早期発見の唯一の方法です。ですが、発症しないようにするために、あらゆる方法が考えられています。運動はもとより、今では、サプリや漢方にも注目が浴びています。サプリや漢方の効果には個人差が大きく、万人向けではないのが現状です。しかし、開発は各メーカーで進められているようです。また、食材では、寒天や改装などに含まれる食物繊維にも注目が浴びています。また、サプリに含まれる成分は、肉や魚や野菜などの食材の他、乳酸菌や漢方薬などの抽出液など、あらゆる物を用いて、ヘモグロビンa1cを下げるサプリが開発されています。