ヘモグロビンa1cとは~糖尿病の予防と数値の改善~

Health

合併症の引き起こし

血液検査の項目の一つに、ヘモグロビンa1cがあります。ヘモグロビンa1cが高いと、糖尿病の疑いがあります。ヘモグロビンは赤血球の中にあるタンパク質で体の隅々まで酸素を運ぶという役割があります。ブドウ糖と結びついていくもので、値が高いと血管内の余分なブドウ糖が多いという判断になります。正常値とされるのが、4.3~5.8%です。以前は6.1%以上の数値だと糖尿病だと判断だとされていました。しかし、現在は国際基準のNGSP値を採用しており、6.5%以上が糖尿病型と呼ばれています。健康診断で高い数値が出た場合は、食事や運動等の生活習慣を見直す必要があります。

健康診断でヘモグロビンa1cの数値が高いとされた場合は、通常の生活の見直しの他に、ヘモグロビンa1cを下げるために有効だと言われている成分を含んだサプリメントを飲用することが有効です。通常の生活の見直しとサプリの摂取は健康状態を大きく変えていきます。ヘモグロビンa1cが高いと腎不全や異常ヘモグロビン症等の病気の可能性もあります。早めに健康診断を行うことが大切で、他の病気がないか検査を受けることが必要です。また、糖尿病になった場合、様々な合併症を起こす可能性があります。合併症の中でも恐ろしい物が、糖尿病性網膜症です。失明の原因の半分を占めており、非常に重い症状につながることがあります。病気をきちんと把握して、それにどのように対応を行うか考えて行動をしていくことが大切です。