ヘモグロビンa1cとは~糖尿病の予防と数値の改善~

Health

健康診断の結果

健康診断の血液検査の項目の一つに、ヘモグロビンa1cというものがあります。ヘモグロビンa1cは、ヘモグロビンとブドウ糖が結合した成分です。高血糖が体内で続くと血管内部の余分なブドウ糖は体内のタンパク質と結合していきます。その際にグリコヘモグロビンが生成されると言われています。ヘモグロビンa1cが高いということは、血管内の余分なブドウ糖が多いということでもあります。数値の高さで糖尿病かそうでないか判断を行うことができます。現在正常値とされているものが4.3~5.8%です。6.5%以上だと糖尿病型と判断されています。ヘモグロビンa1cが高い場合は、食事や運動等の生活習慣を見直す必要があります。また、併用してサプリメント等を摂取することで数値を改善していくことができます。

ヘモグロビンa1cを下げると言われている成分は、田七人参や高麗人参、青魚や桑の葉です。田七人参や高麗人参は昔から様々な効果があるとして、重宝されてきました。普段の生活で取り入れることは難しいのでサプリメントを利用して摂取していくことが必要になります。なお、ヘモグロビンa1cが高いと一番多いのは糖尿病ですが、中には腎不全や異常ヘモグロビン症ということもあります。数値が高い場合は、すみやかに健康診断を受けて医師からアドバイスを貰うことが必要です。運動や食事の見直しはすみやかに行う必要がありますが、あまりストイックだと続かないこともあります。サプリメントを取り入れてゆっくり無理なく計画を立てていくことが必要です。

CONTENTS

  • 糖尿病の検査

    糖尿病の検査で見られるものにヘモグロビンa1cがあります。ヘモグロビンa1cを調べると平均血糖値を計算出来ます。糖尿病に有効だと言われているものが適度な運動と基本的な栄養です。足りない場合はサプリメントで補えます。

     Read More
  • 健康維持のために

    糖尿病は一度かかると一生をかけて治していく必要があります。早期発見を行うと病状を食い止めることができます。早めに健康診断に行き、運動や必要な栄養素のサプリメント等を利用していくことが大切です。

     Read More
  • 食生活の見直し

    食生活の欧米化に伴いカロリー摂取が過剰な人が増えています。糖尿病の生活習慣病は身近なものです。血中のヘモグロビンa1cを下げるサプリメントも販売されており、普段の食生活の見直しと共に摂取している人が増えています。

     Read More
  • 合併症の引き起こし

    血液検査ではヘモグロビンa1cの数値を知ることができます。健康診断で高い数値が出た場合はすみやかに生活習慣を見直す必要があります。ヘモグロビンa1cを下げるサプリメントを併用することで症状の改善が見込めます。

     Read More